Archive for 9月 28th, 2016|Daily archive page

Huawei MediaPad T2 7.0 Pro開封

水曜日, 9月 28th, 2016

昨日カメラノキタムラnetで注文したタブレット、豪雨の中無事届きました。

香川県の物流センターから来たの。

梱包材のプチプチがえらい頑丈で、こりゃ使わないバックに入れておけばバックの形がクニャってならないよう形状キープできるぞ?と、捨てないことに決定。

液晶フィルム

液晶フィルムは昨日セリアに買いに行きました。
まず、これがないと開封できないですからね。

7型のフィルムはないので、大型タブレット用のものをチョイス。カットして使います。

今はガラスフィルムなどはやっている?ようですが、私はスマホを落としたことがないので興味がありません。フィルムは100均のが一番気に入ってます。

フィルムは、「光沢タイプ、空気が抜けやすいもの」である必要があります。

最初にダイソーに行ったのですが、指紋がつきにくいタイプしかなかったのでセリアに行って、この光沢タイプ(指紋がつきやすい)を買ったのです。

指紋が付きにくいタイプは液晶が鮮やかでなくなり、くもった感じになるのが嫌であります。

開封

開封してみました。
本体、保証書、クイックガイド、充電ケーブル、充電アダプター、SIMさすとこを開けるピン。

以上。

尚、保証書、クイックガイドはすべて日本語でした。日本向けに出荷している商品なので中国語や英語表記はありませんでした。

端末はトレイに入っており、取り出しやすいように取っ手がついています。

なんとご丁寧な。

中華スマホなんて揶揄する人はいるけど、Huaweiは世界シェアでとても有名。

世界中で大人気の高性能・低価格・同価格帯で考えるとiOS系よりだんちで性能がいい、見た目もおしゃれだと思う。

何か問題でも?

フィルムを貼りました。フィルムのせいで液晶が七色ですけど(笑)

肉眼では真っ黒です。

さぁ、大きさを比較してみましょう。

左の小さい子から「iPod touch6」「MediaPad T2 7.0 Pro」「iPad mini2」です。

こうしてみるとHuawei MediaPad T2 7.0 Pro(長いな・・)がでかく見えますけど、ほんとに小型の私の手でも片手で軽くもてるサイズで、しかも軽い。

もう・・ipad miniの出番がなくなるのではないかと不安に思うほどです。

充電は、先日購入した別のケーブルで行ってます。

初・Android

私にとって未知のOS、アンドロイド。
なんなんだろう?このわくわく感?!

iOSも大好きですけど、いかんせん値段が高いわりに性能がいくない。。

それに正直、最初にiphone3GSを買った時はとても感動したけど、その後ipod touch5、iPad mini2、ipod touch6と買い足したものの、感動はたいしてなかった。

高額なお金を投入しているのに、今もっているやつと「同じようなもの」を買っただけ・・という感覚が大きく、変わったのはCPUとかカメラの画素数くらい。

買い替えたくないのに、OSをアップデートしたせいで動作が悪くなり、カクカクし出しアプリも落ち、、買い替えを余儀なくされ、、、ある時疑問に思った。

あと4インチのipod touchはもう字が小さすぎて見えづらいので今後新型が出ても買わないです。最低でも5インチ以上でないと字が・・・w

そういえば・・

数ヶ月前はiPad mini4 セルラー版128GBを買おうとしてました。8万ほどしてしまうため結構悩んでしまった。パソコンより高い、そんな価値はないよね?と思い、やめた。

今回、この7型タブレットを買い、ルミックスGF7のミラーレス一眼も注文した。タブレットスマホと一眼を合計しても7万円ほどです。。

マジでいい買い物しました。

小林麻央さんのブログ

水曜日, 9月 28th, 2016

闘病中の小林麻央さんのブログ、9/1から毎日読んでいます。

ニュースZEROの時代、たまに見ていていつも思ってた。なんと可憐で清楚で頭のいいお嬢さんなんだろうって。

結婚されてから表に出なくなり、ブログの更新もほぼなくなった状態だったので、もう見ることはほぼないのかな~って思っていたら今年、闘病していたことが公になった。

正直、信じられないくらいショックだったし、こんな可憐な人がなぜ・・・と。

その麻央さんが9/1から突然ブログを開始された。

彼女の心境や、病院での一コマ、それからタイトルに番号がついている投稿は、夫婦で人間ドックに行き、がんが発見さたころの細かないきさつが綴られています。

目が離せません。

まるで小説でも読んでいるような感覚で、毎日続きが更新されていく。でもフィクションなんですね・・・

可憐で可愛い、壊れてしまいそうな女性に見えるのに、麻央さんって実は強いっていうのが文章から感じられます。

普通なら(私の感覚ならばという意)人に知られたくない病だし、まして写真も公開したくない・・・と思うんですが、彼女は違う。

その姿に勇気づけられている多くの同じ病をもつ読者から、毎日たくさんのコメントやいいねがついている。

麻央さんは、まだまだこの世にお役目があるし、まだまだ大丈夫だと思いました。

やはり、がんの影に隠れてひそひそとしているうちはどうしてもプラスの方向に気持ちが行きにくいと想像しますが、もう何があってもでーんと心落ち着けているよ!って風に肝が据わってしまえば、知られることを恐れることもなく、気持ちがゼロフィールドに達することも近くなっていきそうだなって思うのです。

一般の人はがんを周りに公表してもしなくても、有名人じゃないのでそれは自由だし、病にかかってない人にむやみに公表することで差別を受けることもあるでしょうから私は言わなくてもいいと思うんです。

でも同じ病の人とか、なにかそうゆう場で(ブログなどで)病の治療法を発信したり、こうゆうことをしているよ?っていう事を書いたりするのは、間接的に誰かの役にすごく立っている。

麻央さんのブログを知らなかった方は、ぜひ読んでみてほしい。

年齢は早かれ遅かれ、現代のような食生活、汚染された環境、強ストレスの中ではだれしもががんになる可能性があると思う。そんな時、先人者の意見はとても役に立つと思います。

なりたい自分になる|小林麻央オフィシャルブログ「KOKORO.」
http://ameblo.jp/maokobayashi0721/