1111月/08Off

容疑者Xの献身|東野圭吾

こ、これは凄かったです。私が今まで読んだ推理小説の中で一番オススメです(推理小説はあんまり読まないのだけど 笑)特に最後の展開が恐ろしく。。。ビックリ!この小説を読んでいて、ここまで人を愛せるなんてっ。。って切なくなってしまいました。

この小説を読んでいて、容疑者Xの石神さん。。。この人の一途な想いはまさに無償の愛で卒倒しそうになりましたが、、

さて、容疑者Xの献身でひとつ、意味がわからなかったとこがありました。

「草薙は頷き、石神の耳に目を向けた。柔道家たちの勲章ともいえる、カリフラワー状態になっていた。同じような耳を持った者は警察官にも多い。」

え?
耳がカリフラワー状態?
柔道家に多いというカリフラワーな形の耳ってどんなの?
全然わからへん(;^_^A

知ってる人いたら教えてねm(__)m