Archive for the ‘WindowsVista’ Category

パソコン消費電力

木曜日, 7月 5th, 2012

節電を考えると、うちのパソコンの電気代が気になったので調査してみた。電気代の参考はこちら「パソコンの消費電力について考えてみる」参考にしてみたよ。

消費電力量と電気料金を計算で計算してみると?

業務用デスクトップ Dell XPS420
core2Quad Q9450 2.66GHz,WindowsVista
電源:375W(スタンダードシャーシ)
電源:425W(パフォーマンスシャーシ)
関電1kwh 24円で計算 1日8時間×30日使用で約2500円(タワーのみの電力)

大型ノート Sony VAIO VPCF13AFJクリエイティブエディション
インテル Core i7-740QM,Windows7 64bit
消費電力:通常時 約24W、スリープ時 約1.7W
関電1kwh 24円で計算 1日8時間×30日使用で約140円

小型ノート Sony VAIO VPC-YA2AJ
Core i5-470UM,Windows7 64bi
スペック

消費電力:通常時 約8W、スリープ時 約1.3W
関電1kwh 24円で計算 1日8時間×30日使用で約50円

凄いねこの差!?(目が点)

4年前購入のdellデスクトップ消費電力の凄いこと。やっぱり古い電気製品って燃費悪ぅ。更にデュアルモニターにして液晶2台繋いでいるしHDDは外付けだしで、その分は計算外なので電力はもっとかかっているということか・・

ただ現在は1日8時間もVistaを使ってないと思う。ネットはiphoneでも見やすいもので。

参考までに今は使ってない8年前購入のXPはこんな感じ↓

デスクトップ Sony VAIO VGC-RA50 L7,WindowsXP
約104W(最大約460W)/スタンバイ時約3W

次、買おうと思っているvaioデスクトップパソコンの消費電力も調査↓
液晶を3D対応にするか普通の2Dにするかはまだ検討中(業務PCだから3Dなんて私には不要だと思うが、、)

デスクトップ
消費電力:動作時 約37 W (3D)、約34 W (2D)
スリープ時 約1.7W (3D)、約1.8 W (2D)
消費電力最大時 約151 W

新しいPCはエコに出来ているからこれならイイかな。けれどもうじきWin8が出そうなの???それなら秋モデルまで待つべき?そしたらCS6がいつまで経ってもインストールできないんだけど(悩)

遊び用のノートPCにインストールしてもいいけど、これで仕事は厳しい肩凝る。。と、文句ばかり言っているなぁわたし。

いろいろ検討したいと思う。

Google Talk

日曜日, 10月 16th, 2011

ねぇみんな、今日はね、Google トーク ソフトウェアをインストールしたよ。

わ!英語~っ。
そのままインストールしたら当たり前ながらGoogle Talkは英語画面。設定画面も英語。

きゃ~。わからん!

ってことで、Googleトーク ソフトウェア 日本語バージョンをインストールした!(笑)うはは。

Vistaにインストールしようとしたら、デンジャラスな画面が出てきて「XPか2003か~なんちゃらか、あなた大丈夫か?」のようなこと言われた。ん?Vistaと7には対応してないの?

無理やりインストールしたら、何の問題もなくすんなりいけた。

これはチャットや音声やビデオ~?が出来る、いわゆるヤフーメッセやMSNメッセと同じもののようだ。使い方はまだわからん。

ちなみにwebカメラもヘッドセットマイクも。。。無い☆

Vista|アルティメットデフラグ

火曜日, 10月 4th, 2011

アルティメットデフラグ」という面白いデフラグツールをインストールした。
非常にグラフィカルで見ていて楽しい。
この四角いのがジージー言いながら移動して色が変わっていくさまを見ているのが結構好きなのである。

Win98のOS標準デフラグは見ていても面白かったけど、Vistaになってから視覚的に見る事ができなくなったため、デフラグしても一体どうなっているのか?いつ終わるのか?なにがどう断片化されてたのかなど一切確認不明。HDD容量がテラまでいくと、デフラグに24時間以上ということもあり、なんだかな~。

そんなこんなで、やはり視覚的に確認できるもののほうがいい。

アルティメットデフラグは、こんな感じでHDDそのものの円盤の絵。
これは現在のCドライブの状況だが、実は昨日他のソフトでデフラグしたばかりだったので非常に綺麗なんだけど・・頻繁にデフラグるのはあまりよろしくないが、またやってしまった!

デフラグ完了後、こんななった。
なんか・・真ん中に移動したね?これってどうなの、、?

まぁいいや!

この「アルティメットデフラグ」はフリーソフトなのだが、普通に検索して探すと有償版の体験版を間違ってDLする人も結構いるよう。

フリー版DLファイルは「cnet_UltimateDefragFREEPublicDomainEditionSetup_exe.exe」というもので、フリーという文字がある。

あと日本語化するのに「Vistaの場合はCRCエラーが出てすんなりできない」というお悩みを書いているヒトたちがいたが、私も「ハーイ!同じく。」で、日本語化に手間取り、更に英語ソフトのままではデフラグが動かなかった・・

日本語化はここにパッチがあるのだけど下の皆さんのコメントを参考に~「udj.zip」というのをDLして展開し、「UDefrag.exe」というファイルをアルティメットデフラグがインストしてあるフォルダに入れて上書きしたら日本語化出来て、ソフトも動いた。

XPなどの他のOSでは、普通に日本語化できるんだと思う。この↑やり方はあくまでVista用。

ちなみにデフラグ起動して最初に出てくるダイアログには全部「NO」にしないとあとでOS標準デフラグが使えなくなるようなトラブルになるみたい?なので

よくわからない人にはお勧めしない(♪)

Vista Cドライブ「ボリュームの拡張」しちゃお!

月曜日, 10月 3rd, 2011

Win Vistaにて。

Dドライブの余りをCへ拡張しようと思ったのだが、結果を先に書くとすんなり出来なかった
Dにデータが入ったまま、余っている領域をカットしてCにくっつけたかったのだけど・・どうもVista OS標準装備じゃ出来ないんだって。なんだ。早く言ってよ・・

ソフトを使えば出来るけど、Winで動かないメンドクサイソフトだったのでそれもやめた。

「コンピュータの管理」の「ディスクの管理」に各種ドライブがみえる。
最初このDのボリュームの削除を実行したら・・

確かに92.54GBの空き領域が出来たが、並び方が「Cドライブ」「Dドライブ」「空き領域」となり、これだと真ん中のDが邪魔で、Cと空はひっつかないんだそう。ふうーん・・

要は、「Cドライブ」「空き領域(未割り当て)」「Dドライブ」という並び方じゃないといけないらしい。
変な人間関係みたいだね。

というわけで、Dドライブの中身を外HDDに移動させ、アプリはアンインストしてDを空っぽにしてからCと結合しよう。
それなら簡単。手間はかかるけど、ミスってHDDがおかしくなってしまったら最悪なので、安心なやり方で。。

ここからやり方をメモする。
また操作するかもしれないし絶対忘れる!

D→「ボリュームの削除」→「パーティションの削除」で、未割り当て部分を作る。

Cの右隣に未割り当てが来たのでこれですんなり拡張できるね。
まずC→ボリュームの拡張

全部拡張しちゃうとDが無くなってしまうのだけど、私はDも残したいので半分だけにした。
200GB程度移動ってことで、200000と入力→次へ

Cドライブが増えた♪
お隣の余りの「未割り当て」はこのままでは認識せんので、また右クリックして進んでいき、ちゃんとDドライブとして設定。

認識した!
(Dはフォーマットしないと認識しない)

出来上がりこんな感じ。
Cドライブの空き領域がか~~~なり増えたね。

Dにインストールしてたソフト類をCに再インストールし、完了。

は~疲れた。

Vistaましん。

日曜日, 10月 2nd, 2011

VistaのCドライブが瀕死の状態になって早1年以上。この状態でだましだまし使ってきたのだが、幾らなんでもシステムが入っているドライブでこれはまずいでしょう・・・!って事で、Dドライブの残りをCに結合しようかな~と思っている。

そんなこと出来るのか?
うん。たぶん!

XP以下だとフリーソフト等を使う必要があるようだが、Vistaと7ではOSの標準機能を使ってCドライブを拡張できる!(と、雑誌に書いてある)ププ。日経PC21の2011年8月号参照してまふ。

でもその前にバックアップをせなあかんから、只今その作業中。万が一危険なことになったらショックなのでデータだけはとりあえず別のトコロへ。。

このバックアップが何時間も時間を無駄に費やしている!

ほっといてもう寝よう。