Archive for the ‘cooking memo’ Category

R-1乳酸菌で作る豆乳ヨーグルト

金曜日, 7月 25th, 2014

発見。゜.:。+*:°★,。:*:°☆
R-1乳酸菌で作る豆乳ヨーグルト

飯山さんのレシピはうまく作れなかったので・・

上記サイトには分量が書いてなかったのでまぁ適当に。R-1ヨーグルト80gに紀文の無調整豆乳200ccで、HBにて発酵お任せしてみましたが、ちゃんと固まりました。

味は普通の無糖ヨグール!でもMilkじゃないので濃厚さとかなくて少しあっさりめ?豆乳だと言われなきゃ普通のヨーグルトとして食べるでしょう。

オーガニックラズベリージャムを添えつつ、この糖分があかんのちゃうのと思うわけ。

砂糖は麻薬。

アロエ酒と挿し木

木曜日, 4月 17th, 2014

役所の所長さんからアロエをもらったので(役所の裏庭に群生しているもので、自然農法と言えよう!)どう有効利用しようかとドキドキ。

まずはアロエ酒を仕込んでみました。完成は半年後くらいか、、先が長いね。

アロエ酒

~材料~
・ホワイトリカー
・アロエベラ輪切り

アロエベラ酒は長期保存可能で5年以上もつんですって。

今回はレモン等入れずにアロエだけにしてみました。(砂糖類もなし)。1月に漬け込んだ無農薬レモン酒もあるので飲む時にブレンドしてもよいし。

氷砂糖をいれずに作ると化粧水や外用(薬)としても使えるようです。

ちなみに去年つくった枇杷葉酒の原液、うすめてヒリヒリやけどした肌に塗ってガーゼはって一晩寝たら、翌朝にはあとかたもなく綺麗に治ってて驚きました。ヒリヒリも一切なくなってましてね。

アロエベラ酒の作りかた
http://kouketuatu01.web.fc2.com/9aloe06.html を参考にしました。

ちょうどいいサイズの瓶がなかったのでなんだかアレですが。。10月に完成する予定ですっ。

挿し木

残りのアロエは「挿し木」に挑戦してみようと思います。

ネットで調べると、なんと「根を15日~1カ月乾燥させる」と書いてある。え~、そうなの!その間にアロエがカラカラになって死亡されないかしら!?(すごく半信半疑)。

多肉植物のためそのままでも2~3カ月は生存されるようですが、ほんとならすごい生命力ですね。様子をみながら、もし元気がなくなってきそうだったらそのまま輪切りにして新規アロエ酒を仕込もうと思います。

もし増やせるのに成功したらこれほど嬉しいことはないぞ~♪

アロエの増やしかた
http://aloe100.jp/s7fuyashikata.htmを参考にしました。

乾燥させてます↑

From april 5 has dried root of aloe, at here.
I hope to success.

鶴見式 発酵海草玄米

木曜日, 3月 6th, 2014

梅干が何よりも苦手な私ですが、梅干は万能な抗酸化力のある食べ物。鶴見先生の本「腸は酵素で強くなる」を読んでいた最後のほうにいいレシピを発見。メモしておきます~。

これ、美味しいよ。

This is very yummy.
My favorite recipe, healthy!
Immunity up.
Recommend this rice!

鶴見式 発酵海草玄米

玄米1~2合につき
・十穀米 小さじ2~3杯
・昆布(細かく切ったもの) 5センチ角
・干椎茸(細かく切ったもの) 1個分
・生胡麻 小さじ2杯
・粉寒天 1~2g
・黒米 小さじ1~2杯
・干しひじき 少々
・わかめ 少々
・梅干 2~4個
・ごぼう ささがき
・生小豆 少々
・塩麹 少々

玄米、その他材料12時間以上(理想は24時間)水に浸してから炊く。梅干は抗酸化力が強いのでできれば4個入れるといい。普通に炊飯器で炊けばよい。

以上のレシピどおり作ることはない私ですが、材料は昆布しーたけとかそうゆうものは入れないで、豆は普通に大豆やレンズ豆とかにしてます。所謂、家にあるもんで作る方式。それで発酵しているのかどうかわからないけど、味的にはかなり美味しいです。

私はダシも入れて、雑穀は個別に買っているものをその都度チョイス。もちきびとかキヌアとかいろいろ。土鍋炊飯です♪

キャンディスコーン

木曜日, 2月 20th, 2014

I like hard-scone.
It is also like a cookie but like a bread, and very delicious.
This recipe is important for myself.

スコットランド料理のスコーン。本をみて、1個だけお試しで作ってみました・・が、出来上がりに衝撃が走るー。私の大好きなスタバのスコーンに味が似ている。(ちょっと違うけど)でもほぼ同じ、私の好きな感じまるまるです。嬉しい。

スコーンはレシピによっては全然違うものができがある(パンみたいなのとか)私はクッキーのようなハード系が好み。外はカリッかりのクッキーで、中はほわんとケーキのような固めのパンのような、密度の高い感じ。こんな説明でイメージわかる?

まったく期待せずつくったわりに超好みなのができたので驚いたのです。これから私のスコーンはコレで決まり~。

材料に「お酢」を入れるなんて「ぇっ?」って思いますけどね。家にある材料でささっと作れるのもミソ。

キャンディスコーン(1個)

★小麦粉 50g
★ベーキングパウダー 小匙 1/2
★オーガニックココナツ糖 5g (てんさいとかでもOK)
★塩 ひとつまみ
●麻の実オイル 5g (オリーブオイルでもなんでもOK)
マンゴードライフルーツ 好きなだけ (ドライフルーツやチョコレートチャンク、ブルーベリーや具はなんでも好きなの入れよう)
■水 大匙2
■酢 小匙1/2

1、★をあわたて器でぐるぐる混ぜる。
2、オイルを入れてぐるぐる混ぜる。
3、■を別の容器でまぜておく。
4、好きな具(今回はマンゴー)を入れて、■を8割くらい入れ、生地を手でひとまとめにする。まとまらない場合は残りの2割も入れる。それでもまとまらない場合は分量外の水を少しいれてひとまとめにしてしまう!
5、200℃のオーブンで20分焼く。

超簡単。
これってバターやミルクを使用しないからベジにも安心な材料ってことかなぁ?!

ひよこ豆と人参のノンオイルピラフ、豆腐タルタルソース

土曜日, 2月 1st, 2014

今日もレパ増やしのため本を見て新作お料理してみました。新しいモンってなんだか新鮮ですねぇ。買い物にいかなくても家にある材料で作れたのも良かった。今日のベジタリーナ献立はタイトルにもある

・ひよこ豆と人参のノンオイルピラフ
・ソイミートカツ、豆腐タルタルソース
・キャベツ豆乳のスープ
・赤ワイン
・オーガニックルイボスティー

です。カツは多すぎて半分また明日にでも♪ では材料とかメモしておこう。

ひよこ豆と人参のノンオイルピラフ

★人参 100g(中1本)
★岩塩 小匙1強
・米 1合
■カレー粉 小匙1
■ひよこ豆(水煮) 100g

今回私が勝手に追加したものとして
★玉ねぎ 1/4
■玉ねぎ粉 大匙1

1、フードプロセッサーで★をガ~。
2、米は普通の水加減より大匙2の水を少なくして炊飯器へセット(私は土鍋使用)。
3、■の材料を入れて炊く。

チョー簡単です。フードプロセッサーしなくてもいいような気もするけど。あと、ひよこ豆はお鍋でゆでるとかなり時間かかってガスコンロを1つ占領されてしまうので、こないだ炊飯器で茹でてタッパーしてたのを使用。炊飯器はお勧め~。

豆1カップに水3カップで炊飯。出来上がりをみて、私はもうちょっと柔らかいほうがよかったので、水を適当に豆がすっかり水没するくらい足して再度炊飯。らくちんでした。

豆腐タルタルソース

★きゅうり 30g
★玉ねぎ 10g
★岩塩 小匙2/3
★酢 小匙1
★白みそ 小匙1/2
★白胡椒 少々
★絹ごし豆腐 100g

1、すべての材料をフードプロセッサーに入れて、なめらかになるまでガ~。

このタルタルソースは結構衝撃でした。マヨも油も一切使ってないのにタルタルソースになっている。。若干軽くてそこは主役が豆腐だからなんだけど、豆腐の味はあまりしないから材料言われないとわからない感じ。もったりと濃厚じゃないタルタルソースね?って感じかしら。

玉ねぎがなかったので入れなかったけど美味しかったです。ソイミートのカツにつけていただきました~。

キャベツの豆乳スープもかなり美味しくてレストランみたいです。先日のヴィシソワーズの「いも」を「キャベツ」に変えただけ。

Cooking fun.
Challenge is new recipes!
My kitchen is laboratory.