289月/16Off

小林麻央さんのブログ

闘病中の小林麻央さんのブログ、9/1から毎日読んでいます。

ニュースZEROの時代、たまに見ていていつも思ってた。なんと可憐で清楚で頭のいいお嬢さんなんだろうって。

結婚されてから表に出なくなり、ブログの更新もほぼなくなった状態だったので、もう見ることはほぼないのかな~って思っていたら今年、闘病していたことが公になった。

正直、信じられないくらいショックだったし、こんな可憐な人がなぜ・・・と。

その麻央さんが9/1から突然ブログを開始された。

彼女の心境や、病院での一コマ、それからタイトルに番号がついている投稿は、夫婦で人間ドックに行き、がんが発見さたころの細かないきさつが綴られています。

目が離せません。

まるで小説でも読んでいるような感覚で、毎日続きが更新されていく。でもフィクションなんですね・・・

可憐で可愛い、壊れてしまいそうな女性に見えるのに、麻央さんって実は強いっていうのが文章から感じられます。

普通なら(私の感覚ならばという意)人に知られたくない病だし、まして写真も公開したくない・・・と思うんですが、彼女は違う。

その姿に勇気づけられている多くの同じ病をもつ読者から、毎日たくさんのコメントやいいねがついている。

麻央さんは、まだまだこの世にお役目があるし、まだまだ大丈夫だと思いました。

やはり、がんの影に隠れてひそひそとしているうちはどうしてもプラスの方向に気持ちが行きにくいと想像しますが、もう何があってもでーんと心落ち着けているよ!って風に肝が据わってしまえば、知られることを恐れることもなく、気持ちがゼロフィールドに達することも近くなっていきそうだなって思うのです。

一般の人はがんを周りに公表してもしなくても、有名人じゃないのでそれは自由だし、病にかかってない人にむやみに公表することで差別を受けることもあるでしょうから私は言わなくてもいいと思うんです。

でも同じ病の人とか、なにかそうゆう場で(ブログなどで)病の治療法を発信したり、こうゆうことをしているよ?っていう事を書いたりするのは、間接的に誰かの役にすごく立っている。

麻央さんのブログを知らなかった方は、ぜひ読んでみてほしい。

年齢は早かれ遅かれ、現代のような食生活、汚染された環境、強ストレスの中ではだれしもががんになる可能性があると思う。そんな時、先人者の意見はとても役に立つと思います。

なりたい自分になる|小林麻央オフィシャルブログ「KOKORO.」
http://ameblo.jp/maokobayashi0721/