411月/15Off

100分で名著|ブッタ

2011年に録画していたEテレの「100分で名著」のブッタ。

何か思うところがあって消さずに残しておいたのですが、今見返してみたら心に凄く響いてしまって(4年前はそこまで響いてなかった)検索してみたら今も放送してることが判明。

早速予約録画して全部の回を見てみようと思った次第です。

100分で名著
http://www.nhk.or.jp/meicho/

時間枠は再放送(水曜朝6:00~6:25)で録画します。

あっ、ブッタのコーナーでは1話しか録画できてないのですが、こんな感じ。

深いでしょ?

自分の身体ですら自分のものではない、必ず老いていくものに執着しなくていい、自分の子供や自分の財産なども、確かに自分がもっているものではあるのだが「自分の所有物」ではないという考え方。

私の考え方も近いものがあるのですが、ダメなとこもあって。

うまくかけないけど心が清らかになった気がして、もっと知りたいって思ったのです。

番組内であった内容では、

大きな川を渡るために筏を作ります。それに乗って無事川を渡ることができました。さぁ、あなたはこの筏をどうしますか?てことですが、私なら筏ならば重いし捨てていきます・・・が、持っていけるものだったら今必要なくても「また使うかも?」って思って持っていくと思います。

ブッタは、川を渡るために作った筏なのだから、川を渡ったらもういらないでしょ?っていう考え。

その場その場で必要なものを選び取っていくことが大事であり、過去にそれがあってうまくいったとかは今の自分には関係ないということ。

素晴らしい。

ブッタの回は1話しか録画がないので100分のうち25分しか見ることができなかったが、このまま録画予約していたらいつかブッタの回がまた再放送されるかもしれないので次こそは100分観れるよう期待したいです。

次回は菜根譚(さいこんたん)がテーマ。菜根譚は中国の古典だそうですが全然知りませんものでものすごく興味深いです。
http://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/38_saikonntann/