84月/14Off

医者いらずの食

もうなかなか図書館で入れてくれないので、本屋で立ち読みしてきました。(買えって?)ほとんど知っている内容ばかりだったのでおさらい的に読破。

私がうろ覚えだったことでのメモとしては

・コレステロールは240~280くらいがいちばん病気になりにくいから良い。コレステロールを下げる薬は発がん物質なので飲むべきでない。(うひょー)

・お肉は抗生物質やホルモン剤を使用してない”グラスフェッドビーフ”、卵は”有機卵”(レモン色のたまご)が良い。

・免疫抑制剤(ステロイド)を使うことは論外!(げげっ)

太陽アレルギーが出てもステロイドを塗ることは去年からやめているけど、そもそもアレルギーがでない努力を惜しんではいけないと思い、5月~8月は長袖必須。

お肉はもちろん、いい肉しか買わないので(そもそもあまり食べないし)問題ないけど、有機卵をみつけるのは至難の業かな~。9個450円の近所のにわ とりが産んだ卵を買っているけど、レモン色じゃないや。

私の総コレステロール値は180~200くらいなので、病院の基準としては安全範囲だけど、この病院の基準がまずまちがっているんだから、本当の健康値と してはかなり低くて私は病気になりやすいのかもしれません。とにかく、人間ドックなどの検査での基準値が低すぎて、本当の健康値とはかけはなれているようですね。

健康診断の新たな基準範囲

ところで、この本とは関係ないのですが、いつも情報を公開してくれている北海道のあるお医者さんがこんなのをUPしてくれてました。ふむふむ。

人間ドックの(利権による)厳しすぎる基準が緩和されたようです。これによって今まで「病気」とされて「不必要に投薬」されていた患者さんも、お薬が不要になる人がどんと増えるようです。よかったです。

血圧は(実は)160くらいまで無治療でいいと聞いたことありますがいままでは130だったのです。それでは年配の人のほとんどが高血圧になってしまうんじゃ?今回、147まで緩和されてよかったですね。

緩和されるくらいですから、数値なんて実をいうといい加減なもんなのかも~。

↓報道ではこんな感じ。突っ込み満載・・

「健康」基準、緩めます 血圧・肥満度など、学会見直し
http://apital.asahi.com/article/news/2014040500003.html
日本人間ドック学会と健康保険組合連合会は4日、血圧や肥満度などについて、健康診断や人間ドックで「異常なし」とする値を緩めると発表した。国内で人間 ドックを受けた人の値を調べたところ、血圧やコレステロールの値がこれまでの基準より高くても「健康」だった。学会は新基準を6月に正式に決め、来年4月 から運用する予定。

学会は2011年に人間ドックを受けた約150万人のうち、たばこを吸わずに持病がないなどの条件を満たす約34万人を「健康な人」とした。そこから5万人を抽出して27の検査項目の値をみた。

その結果、従来は130未満を「異常なし」としていた収縮期血圧は、147でも健康だった。85未満が「異常なし」だった拡張期血圧も94で健康だった。