144月/14Off

京都市すまいの助成制度

図書館に置いてあるチラシ、いつも見ているのですが(ホットポットも置いてもらっているし)そこで「安すま☆通信」というのを発見、2014/4/14~2015/3/31まで京都市内の住宅リフォームなどの助成を行っているとのこと。

我が家も今年全面リノベーションする予定なので、うちが該当するか直接聞きに出向きました。建築のことはさっぱりわからないですが、専門用語もあって「ポカーン」。でも書類をもらってきて工務店と相談したいと思ってます。

助成の条件は、「京都市の住宅であること」「京都市の工務店に発注すること」ということで、ちょうどうちは該当するとのこと。最大で53万円の助成が受けられますが、全面リノベなら満額に近いくらい助成範囲になるのでは?とセンターの職員さんはおっしゃってました。

断熱材とか2重窓とか項目が結構沢山あります。ありがたい制度なので綿密に計画したいですー♪

で、センターの前に自転車置いてたのですが、30分無料、それ以降100円・・・なんと!すぐ出せば無料ですんだのに自転車置き場の前でもたもたしてたら「はい、100円」となってしまって。

正直、むちゃくちゃ悔しいです(笑)ここでお金払うの嫌な人なの。あ~~こんなことなら1.5km手前の無料駐輪場に置いてくればよかった!(センターが閉まる時間もあって、歩く時間がもったいないと思い・・)

走ればよかったです!!

これは、10数年前に銀行ATMで他行手数料をうっかり取られたときの悔しさと同じで、めらめらとよみがえりました~。この時は腹がたったのも納得なのですが、どこの銀行だったか三井だったかな?が、さくら銀行(←もうないけど)に変わった時で、どこの銀行に名前が変わったのかあやふやな状態で「ここのはずだ!」と思ってお金をおろしたら他行だった・・というやつです。画面には「手数料かかりますよ」の案内も出ないので本当に不親切。

銀行が合併などして変わった場合は要注意。以後、キャッシュカードにマジックで新しい銀行名書いたり、一旦解約したりして対処してます・・(以後、一度も銀行の手数料をはらったことない私)こんなの超無駄ですからね。

というわけで、手数料の話に変化してしまった・・いつものことだけど。

その後みつけた昔ながらの煙草屋さん。懐かしいですねぇ、まだあるんですねぇ、しかも西大路御池付近の、ど真ん中です。せっかくなのでモノクロにしました。

自販機やコンビニでも買える今の時代、ニーズはあるのでしょうか?