241月/14Off

ひと目でわかる断捨離入門

断捨離とは(断=たつ、捨=すてる)を繰り返していくとそのうち物欲から(離れられる)というものだとか。ふむ。

不要なものをため込まず、快適に暮らしていくには結局は身の回りのものくらいでいいってことですね。ただ、なんでもかんでも捨てたらいいってわけじゃないと思います。捨てなきゃいけない強迫観念にかられてしまうと、「どうして捨てなきゃいけないんだ」というsad mental(悲しい精神)になってしまい、それでウツになる人もいるんだとかどこかで聞きましたよ。

というわけで私は断捨離でウツになるようなタイプではあ~りませんが、捨てすぎないように実行中です。

不要なものをため込んでいると、あまり身にならない不要な用事や仕事ばかりに追われたり、不要な人間関係(。。。)に追われて本当に大事なものがおろそかになるっていうのは、とっても理解できます。

この本の断捨離例は、「ただ全部捨てただけやん^^;」っていう写真も多かったのでちょっとイマヒトツな感じもしましたが、サラ~っと見るにはよかったです。

あと、3タイプに分かれるっていうところでは私は完全に、「未来不安型」ですね。これは備蓄する人に多いそう。

別に不安なんじゃなくて、どうせ消費するものは安い時に買いだめしてストックしておく、このストックくせが少し極端なのでは?くらいなのですが・・・むむ。買いすぎて消費しきれないってこともあるのでそうゆう「無駄」になるようなことは気をつけたいと思います。

ほかには「過去執着型」「現実逃避型」がありましたよ。