315月/13Off

紫外線対策

最近、おもしろいお医者さんがいてて、その人の情報をみていると「西洋医学の薬」ってほんと怖いんだなぁって思ったのですね。

夏になると日射アレルギーが出る私は、5~8月はブツブツするとステロイドちゃん!って感じでしたが、このステロイド、危ないのは知ってましたけどほんま危ないんですね・・・

日射が発症しても2~3日ぬる程度でおさまるのであまり気にしてなかったのですが、そもそもアレルギーが出ないようにする努力を怠っている地点でアウトな気がしてきたので、日よけ対策にいろいろ買いました。

ますはこれ。

首に巻くのです。
この部分によくアレルギーが出るのですが、夏は首回りがあいているためなんか巻いとく必要あり。

まさかタオル巻いたりできないもんね。

洗い替え用にもう1枚。
首の後ろが冷やせたりするものですが、できるだけ肌ざわりがいいものを選びました。

お次はかわいい雑貨屋さんにて、長い手袋です。

自転車に乗るので指はあいてないといけません。こんな模様入りじゃなくて普通に無地のがほしかったのですが、黒はこれしかなかった・・・これも肌触りがとてもよくてなんか気に入っちゃったんです柄以外は。

短い「指なし手袋」は持っているのですが、腕の部分に結構アレルギーが出るので長いのが必要。

お値段が驚きで、420円って書いてあったのですがレジにもっていったらセール中だとかで2割引いてもらえて336円でした。

驚きすぎて、思わず小銭を落としそうになりました。

デパートで買ったら2000円はしそうですよ。

こちら、おもしろいお医者さんです。数年前から知ってましたが、最近FBをみているといつ仕事してんの?っていうくらい長文のタメになる処方が、、、
キチガイ医の素人的処方箋
フェイスブック

ちょっと引用しますね。

多くの医薬品の発がん性

免疫抑制剤
カルシニューリン阻害剤(プロトピックなど):アトピー,リウマチ,クローン病など に多用されているが感染・がんは確実に増加

TNF-α阻害剤、IL-6阻害剤:リウマチ他に多用:感染・癌増加

アドレナリン系物質:アドレナリン、エフェドリン、咳止め、麻黄(麻黄湯、渇根湯なども、エフェドリン系物質)

ステロイド:耐性・依存性があり皮膚炎も悪化する。発癌性があり危険なときだけ一時的が原則

コレステロール低下剤:フィブラート剤、スタチン剤:発がん性あり

降圧剤:カルシウム拮抗剤、アンジオテンシン受容体拮抗剤(ARB):いずれもランダム化比較試験で発がん性

鎮痛剤、非ステロイド抗炎症剤(NSAIDs):発がん性、変異原性+

睡眠剤/安定剤:免疫を抑制⇒感染/がん

フッ素化合物:変異原性+、染色体毒、強力な酵素阻害剤、水道水添加で13%がん罹患増加

クレオソート(正露丸):フェノール類の合剤、原形質毒(細胞毒)、発がん物質

吸入麻酔剤:フッ素化合物、高濃度曝露で免疫抑制強い

プロトンポンプ阻害剤(抗潰瘍剤):長期使用でがん増加

タミフル:5日間使用するだけのものに、2種類も2年間の発がん性実験、実際認められた。