285月/13Off

サイクルコンピューター

最近普段の運動不足解消のため、できるだけ京都市内なら自転車で、近所なら徒歩で動こうと実行してます。

長距離自転車は思いつきなのですが、もともと運動が嫌いなため長続きの保証はゼロ。この長続きしないところも無理がなくていいと思っているくらい自分に甘い私で~す。

そこで、すぐに飽きたりしないように楽しめるものを買いました。その名もサイクルコンピューター(サイクルメーター)アマゾンで1736円でした。

安物なので有線タイプ。もうちょっとお値段の高いものでは無線タイプもありますが、携帯電波などでカウントが狂うと書いている人がいたのでやめました。だって意味がないじゃないですか。

今日届いたので早速取り付けようと開封してみました。わりと小さめです。

両面テープと結束バンドでとめていくのですが、結束バンドって初めて使ったのでいきなり1本を無駄にしてしまいました。これって一度穴に通したらもう終わりなのですね・・引き返せない。信じられない・・・

説明書を見ても自転車のパーツの名称が書いてあって正直イミフ状態。フロントフォークって何ですか?ステムって何ですか?ハンドルバーはわかるけど!

大丈夫でしょうか?だんだん不安になって嫌な汗が噴き出してきたところに近所の子供が学校から帰宅。自転車の周りをガキんちょに囲まれ、ややハーレム?状態で緊張しました。

「なにやってんの?」「これなに?」って容赦なく話しかけてまとわりついてきます。

私は説明書を読むのに必死なのに。

中には「僕のはもともとメーターついてるで」という子も。なんとセレブな!「距離と時間とかわかるやんな~乗りがいがあるわ~」って、はいそうです。よくおわかりで。

いまどきの小学生はすすんでますね。

というわけで、ちょっともたもたしながらもなんとか設置完了。このメーターは取り外し可能。盗難防止のため、外で自転車から離れるときは取り外さないとですね。

「はい、もう見世物ショーは終わりやで~」

さて。
設置後に雨が降り出したので今日のテスト走行はやめ、明日から乗ろうと思いきや、ニュースで「関西は今日から梅雨入りしました」って。

マジですか?