211月/13Off

ハワイ旅行記03 ランチとワイキキビーチ

ハワイ⇔日本の時差は19時間なので、1日得した感じで、帰国時1日損した感じになるかと思います。

お昼は軽めにしようってことでカフェに行きました。普通は決まった時間に朝、昼、夜と食事をされる方が多いでしょうが私は空腹にならない限り食べない健康法をしているので、旅行にくるとサイクルが崩れます。が、できるだけ多数に合わせたいと思ってます。

メニューが英語なのはまぁなんとか読めますが、トークも英語しか通じないお店だったので少しアタフタし、お店の方は文字を書いてくれたりしてなんとか伝えよう!っていう努力をしてくださいました。我々も一生懸命ジェスチャー。

甘すぎるココアを注文しました。本当はアサイーなどいろんなフルーツが入った美味しそうなものもあったのですが語学力ゼロなので難しすぎ断念。ドリンクには名前を書いてくれます。一応、ちゃんと通じたようです。

Mサイズを注文したはずが、超ビックサイズのココア($4)が登場してびっくりしました。なんでもビックサイズです。

サンドはシェアしました。これ1つでも実際結構大きなサイズなのでお腹いっぱ。。中身は炙ったポークとサラダと大根とにんじんのピクルスみたいなのん。炙ったポークが思いのほか美味しい。サンドのお値段は$10、カフェのサンドが900円ってなかなか豪快です。

付け合わせは、マッシュポテト、サラダ、ポテトチップの三種から選び放題でしたが、サラダにしました。

さて、一歩外にでると広い公道。ここは日本?というくらい見慣れたマークの日本車が結構走ってました。。トヨタ、日産の車にあちこちで遭遇。ベンツも多くてさすがお金持ちが集まる島。

すぐ近くにワイキキビーチがあります。歩くと15分くらい?ここならわかるのですが、すぐ隣には銀座のごとくヴィトンやシャネル店舗がズラリと並んでいるのですが、その銀座風なところに水着で歩いている人もいます。とっても不思議すぎる光景。しかもビキニだったりします・・・・・汗

こちらではみな個性あるスタイルで自由ですね。人の目なんて気にしちゃいない。私が日本人だって、そんなことすら誰も気にしていない。スカートの裏地がスケるのではないか?なんて本当に誰も気にしてない。そんな、人目があっても人目がない国ってやっぱりいいなぁ。