511月/12Off

iPhoneの電磁波

11/4の守田敏也さん・平議員のトークライブ終了後、みんなで近所のインド料理店に食事に行った。(写真がないよー)

そこで守田さんが教えてくれたiphoneの電磁波の話題がとても気になった。スマホの中ではiphoneが一番電磁波がきついんだそうで、従来の携帯よりましなんだけどね、あくまでスマホの中で一番強いってことで。

しかし現在私は従来のコトモバイル携帯とiphoneの両方を持ち歩いているので気が気じゃない。普段何も考えてなかったが・・よく考えてみたら私は電磁波に囲まれて暮らしていることに気付いた(今頃?)パソコンも沢山あるし・・がーん。

とりあえず寝るときにまくらの横にiphoneを置くのはやめることにした。

iphoneの電磁波はどれくらい?
「iPhone 3G」のSAR値は1.541W/kg、「iPhone 3GS」のSAR値は1.305W/kg
携帯電話など無線機器の電波を人体が吸収する比率は「SAR値」という数値で示されている。このSAR値は「2W/kg」を超えないよう総務省が義務づけている。

ただし、「1.541W/kg」「1.305W/kg」という数値は、「iPhoneと身体の距離が15ミリ未満」の場合に限ると明記されている。

15ミリ未満といっても通話すれば耳にぴったりつけているし、手に持つとぴったり皮膚についているわけで(笑)通話はイヤホンにすればよいとのこと。

今日初めてお会いした京大の女子大生の女の子は、iphoneをもつと手がびりびり痺れて持てないって言ってた。私は何も感じないけど、確かに免疫が低下しているとき、スマホ使いすぎて頭痛が凄かったり吐き気がしたり・・・確かにあった。

iphoneでは身体にひっつけない限りは何の問題もなさそう。ポケットに入れたりしないし。ただ充電中の使用は高めになるみたいなので避けたほうがよさそう、気をつけるならこの程度?よく充電しながらスマホ使うので、なるべくやめよう。充電しながら枕元に置くなんて、怖い事だったみたい。

知らないうちは怖い事やってたりするんでごわす(笑)ぁぁぁあああー。