203月/12Off

飛行機の上がスゴかった

高知の線量に興味があったのでガイガー持参したよ。

それがね、思ったより低くなくて、大体0.11~0.12μSv/hあたりうろちょろ。「なんや、京都と変わらんやん」と思った。このRD1503機種は少し高めに出ることもあるのでね、その辺はまぁそうゆうことで。

でも、話には聞いてたけれど飛行機で飛んでいる間の上空って本当に「ウギャ!」って程放射線量が高いんだね。

へぇ~・・・って興味深々。たまに乗る超短距離飛行機でこの線量が出たって私はなんてことないけれど、この線量が毎日ずーっと永久に続く地域で暮らすとなると危険度は段違いになっていくよね。

一応記念に撮影しておいた。

それから空港に近づいて低空飛行になっていくと線量はどんどん下がっていき、0.05μSv/hまで下がっていく。でも、地上についたら0.12μSv/h。

そうか~。地上1~2mのところには降り積もっているから高くなり、少し上空のほうが低くて(だから地上10mとかの高さでモニタリングして都内の線量低いですよアピールしている政府や自治体?!)成程ね。

大阪の夜景。
思ったことは、「こんなに電気を使っているのか」だったりする。

何度撮影しても室内が明るいせいで写り込みが激しい。

無事仕事も終わってほっと一息。次の遠方出張は九州になりそう。