306月/11Off

アレルギー薬で劇症肝炎の恐れ

え~。病院で処方してもらうアレロック、長年愛用している。
花粉症の薬で、良く効くのよね。結構ビックリ・・・・・

アレルギー薬で劇症肝炎の恐れ=「アレロック」服用後、2人死亡―厚労省
時事通信 6月30日(木)11時32分配信

花粉症などに用いられるアレルギー用薬「アレロック」(主成分・オロパタジン塩酸塩)の服用でまれに劇症肝炎が起きる恐れがあるとして、厚生労働省は30日までに、販売元の協和発酵キリンに対し、医師向けの添付文書を改訂するよう指示した。投与後、十分に観察するよう求めている。
同薬を服用した90代と40代の男女2人が劇症肝炎で死亡し、服用との因果関係が否定できないと判断された。