1112月/08Off

私が彼を殺した|東野圭吾

こちらは最後まで読んでも犯人がかいてなぁぃー!なんという意地悪な本だろうと思いました。推理物であっても実のところ私は推理をあまりしなくて、ただ、「この先はどうなるのか?」とワクワクしながら読んでるだけなので、最後に犯人がわからないと気持ち悪くてたまらない。しかも自分で考える思考能力はなく。。そんな時間があったら「ハイ!次」と違う本を読みたいのです。

文庫本だったので最後に袋とじが付いていて(最初気付かなかった・・)それを読むと犯人がわかる仕組みになってました。ホッ。とりあえずスッキリ。けれどこの小説はノベルズ版とか文庫版とかによって犯人が違うらしいとか、ネット記事で見たのですがほんとなのかしらね。。